Women Complex

選び方と洗い方

そのデリケートゾーンのかゆみ洗いすぎが原因かも

headache

デリケートゾーンは他の肌の違って角質化しておらず表面は粘膜です。 同じ粘膜のまぶたの裏は石鹸でゴシゴシとは洗えませんよね。 ですが、知らずに体と同じボディソープをデリケートゾーンにも使ってしまっている人は多いのです。 人の肌のpH(ペーハー)は弱酸性です。粘膜ですとさらに酸性に近くなります。 ですが、洗浄力の高い石鹸は弱アルカリ性です。敏感肌の人であればデリケートゾーンでなくてもピリピリしたりかゆみを感じることでしょう。 デリケートゾーンにpHの合わない石鹸を使うと、洗いすぎにより肌本来が持つ常在菌やバリア機能が失われ、かゆみや炎症を引き起こし、おりものが増えたり、ニオイ菌や雑菌から肌を守れなくなってしまいます。

正しい石鹸の選びと洗い方

まず、石鹸はデリケートゾーン専用のものを選びましょう。 専用のものは肌に優しい成分で、pHバランスを考え、気になるニオイに対応した成分配合になっているものが多くあります。 洗いすぎは良くないと、大して洗っていないという人もいますが、デリケートゾーンは肌に良くない雑菌が増えやすく、おりものなどの分泌物や垢やトイレットペーパーがこびりついていて、ほっておくと不潔なうえ、ニオイも発生させしまいます。 正しい洗い方は、温度は低めのぬるま湯で優しく流し、石鹸は直接付けずに泡立てた泡だけでこすらないように優しく洗います。そして、ぬるま湯でゆすいでください。 ですが、もし現在デリケートゾーンに炎症などを起こして治療中であれば、石鹸は使わず、ぬるま湯で流すだけにしてください。 状態にもよりますので、通院中であれば医師にご相談ください。

Top